外貨建債券

投資信託・株・外貨預金など、資産運用を考えた時にいくつも選択技があって何をもてばいいのか、迷ってしまいます。やはり、資産運用するからには元金を少しでも多く増やしたいと考えるはずです。

日本はどっからどうみても低金利。
そうなると自然と海外に目が向きますよね。
そこで注目したいのが外貨建債券。

外貨建債券とは、豪ドル、ユーロなど外国の通貨で発行される債券のことで、
オーストラリアや新興国などは一般に金利が高いので注目されています。

外貨建債券は、金利が高い。金利が高いということは受け取る利子が多いのです。
満期時には外貨ベースで額面金額が戻ってくるのは大きなメリットといます。

更に、株式などとは異なる性格を持つので、資産運用に組み込むと、
リスクの分散につながります。

ただ、いくら高金利でも、購入後その通貨に対して円高が進むと
元本が目減りする可能性があるので注意しましょう。

FXはコストを抑えるのも重要
取引手数料とスプレッド

FX取引でかかる手数料には、取引手数料とスプレッドの2種類があり、その金額は会社によって違いがあります。FXのスプレッドとは外国為替取引の特有のもので、売値と買値に差を設けることで、その差額がFX取引会社の実質的な外貨売買手数料となっています。スプレッド幅が狭い(スプレッドの値が小さい)方が有利となります。
FX会社を手数料で選ぶ

HOME > 外貨建債券