新興国投資

2008年後半は経済環境が激変した中、割安な株価に投資したい!
と、意気込んでいる人もいるようです。

何に、どんな投資をするのかという判断は難しいですが、新興国投資に興味が向いている人が多いようです。実際、どんな運用手法がうまくいくのでしょうか?

ズバリ、割安な企業の株主になり、値上がりまで長期保有する『バリュー投資』。
新興国に限りませんが、タイミングを見て上がりそうな銘柄を買い、下がりそうな銘柄を売るという投機的な手法で、企業のファンダメンタルから銘柄を選ぶ手法を検討するべきです。

これから投資を始める人、資産形成の中核にしようと思う人には、
安定的な成長が期待できる運用をするファンドが望ましいのかな、と思います。」
現在の市況の悪さで考えれば、割安銘柄を探すバリュー投資は特に有利かと思います。

といってもいきなり全額を新興国に投資するのは無謀です。
日本を含めたいくつかの地域に分散して、投資の時期も何度かに分けるなど、
地域や時間の分散を心がける事を忘れずにおこなうべきです。

HOME > 新興国投資